2021-4-14  伊勢神宮 参拝

ついにこの日が来た。

快晴。

7時に目覚め コーヒー飲んで トイレ済ませて支度して、8時に外に出る。

天気がすごくいい。

 

 

 

外宮参道を歩いていると古い家も目立つ。

f:id:hamabase2021:20210414143700j:plain

 

 

 

外宮入口。

 

f:id:hamabase2021:20210414143706j:plain

 

f:id:hamabase2021:20210414143717j:plain

 

f:id:hamabase2021:20210414143812j:plain

 

 

いよいよ 中に入る。

 

f:id:hamabase2021:20210414143832j:plain

 

f:id:hamabase2021:20210414143837j:plain

 

 

f:id:hamabase2021:20210414143843j:plain

 

どんどん中に入ってゆく。

空気が変わる。

 

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210414143849j:plain

f:id:hamabase2021:20210414143855j:plain

豊受⼤神宮(外宮)

 

 

おそるおそる、中に入り 謹んでご挨拶申し上げる。

緊張してしまったよ。

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210414143902j:plain

f:id:hamabase2021:20210414143907j:plain

f:id:hamabase2021:20210414143913j:plain

f:id:hamabase2021:20210414143920j:plain

 

 

 

 

 

 

バスで内宮へ向かう。

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210414143927j:plain

内宮への入り口。

ここに来ることができた実感!

 

f:id:hamabase2021:20210414143932j:plain

f:id:hamabase2021:20210414143938j:plain

 

五十鈴川がきれいだ!

 

f:id:hamabase2021:20210414143945j:plain

f:id:hamabase2021:20210414143952j:plain

f:id:hamabase2021:20210414143958j:plain

 

カップルや夫婦で来てもいいんじゃんか!!

 

天照大神は女性のカミサマで、やきもちをやいて夫婦やカップルでお参りに来たら

へたしたら「別れる」などとなにかの情報で読んだことがある。だが、これほど位の高いカミサマが人間の男女にやきもちを妬くようなレベルの低いことをするはずはないと思う。

そういうデマを文字にしている人こそ バチあたるのではないのか?)

 

などと考えながら まぁ、五十鈴川を眺める。

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144005j:plain

 

五十鈴川で手を清め。

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144013j:plain

 

まだ人影少ない 午前の参道を進む。

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144020j:plain

 

ぜんぜん空気が変わった。

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144025j:plain

f:id:hamabase2021:20210414144031j:plain

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144038j:plain

 

 

 

近いぞ!!

 

 

 

 

 

 

ついに来た。

伊勢神宮 内宮。

皇大神宮(内宮)

天照大御神

 

 

石段を登ってお参りする。

 

f:id:hamabase2021:20210414144044j:plain

ここで不思議なことが起こる。

 

階段上にいる人が少しはけてからあがってゆこうと ふと下から見上げてしばらく足を止めていると、その時間に合わせるかのようにケータイ電話がピリピリ鳴った。

泊ってるホテルからの居室清掃時間の確認のちょっとした要件の電話だったけど、もし上に上がっていたらちょうど手を合わせている瞬間にケータイが鳴っただろう。

周囲にも迷惑だったに違いない。

一瞬 足を止めて待機していたその時に、電話がかかってきてなんという良いタイミングだったんだろう。

カミサマが「電話がかかってくる。ちょいと待つのだ」って言ってたようだ。

神がかりに思えてしまう。

 

通話が終わってから ゆっくりと階段を上がってゆき お参りできた。

 

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144050j:plain

 

そして、お参りを終えて出口の階段から降りてゆくと あとからガヤガヤと修学旅行や団体の波が押し寄せている。

おれのすぐ後に観光客の津波が押し寄せることになる。

あぶなく ぶつかる寸前であった。

これに巻き込まれずになんというタイミングで参拝できたことか!

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144057j:plain

 

そして 一人静かに ほかの別宮や末社をお参りする。

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144106j:plain

f:id:hamabase2021:20210414144112j:plain

f:id:hamabase2021:20210414144118j:plain

 

 

 

 参集殿を通りかかると獅子舞が始まった。

 見てゆこう。

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144126j:plain

 

 

 

昭和の余興のような一発芸も笑えた。

 

f:id:hamabase2021:20210414144131j:plain

f:id:hamabase2021:20210414144137j:plain

いや!

昭和の余興なんてものじゃない。

すごい芸だ。

これは並々ならぬ修行と努力だったことだろう。

カミサマに捧げる芸だから すごい見ごたえあった。

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144144j:plain

 伊勢神宮の職員さんなのだろうか 神職の「芸能部」なのか?

みなすごい練習を積んだ人たちだろう。

カミサマに捧げるお神楽を鑑賞できたのも すごいタイミングだった。

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144152j:plain

f:id:hamabase2021:20210414144157j:plain

 

 

時間も時間だし 竹下通りより混雑し始めた

おかげ横丁

修学旅行や団体客がひしめいている。

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144204j:plain

 

 

12時なのではらへった。

 

1人なのですぐに入れた

f:id:hamabase2021:20210414144211j:plain

 

名物の「手捏ね寿司」と「伊勢うどん」の盛り合わせ定食。

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144216j:plain

f:id:hamabase2021:20210414144222j:plain

 

すごくおいしかった!

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144228j:plain

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144235j:plain

 

歩いて猿田彦神社へ向かう。

お導きのカミサマ。

5月から新しい職場で頑張ってやっていきます お導き御見守りくださいとご挨拶する。

 

f:id:hamabase2021:20210414144241j:plain

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144247j:plain

 

 

そういうことだ!

 

f:id:hamabase2021:20210414144253j:plain

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144258j:plain

 

www.sarutahikojinja.or.jp

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144304j:plain

 

芸妓のカミサマとも言われる天宇受売命(さるめ様)には 新しい職場ではハモニカ吹いて利用者さんに喜ばれるようにお導き御見守りお願いします。とご挨拶してきた。

 

 

www.sarutahikojinja.or.jp

 

 

 

歩いて歩いて 次は月読宮へおまいり。

 

f:id:hamabase2021:20210414144311j:plain

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144318j:plain

 

鳥の鳴き声がすごくこだまする幻想的な参道。

 

f:id:hamabase2021:20210414144324j:plain

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144332j:plain

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144338j:plain

 

 

 

 

しかし よく歩いた。

脚が疲れ果てた。

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144345j:plain

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144352j:plain

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210414183620j:plain

豊受大神宮別宮 月夜見宮

f:id:hamabase2021:20210414183746j:plain

f:id:hamabase2021:20210414183750j:plain

 

f:id:hamabase2021:20210414183754j:plain

 

今日はいったい何件の鳥居をくぐっただろうか。

 

f:id:hamabase2021:20210414183807j:plain

 

老木が祀られている。

木の根元にはお稲荷さんが2体鎮座されておりこれはなんだ!

気になったのでその由緒を社務所の若い神職さんにお尋ねしたが 「よくわからない」とのことだった。(笑)

 

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210414183815j:plain

 

伊勢の古い町並み