2021-4-17 最終日の名古屋めし!!

今日は最終の移動日。

横浜に帰る。

 

さて。

 

何を食べて帰ろうかなーーー♬

 

朝起きて ゆっくり支度して9時半にチェックアウトする。

 

今回 三交innのホテルを3か所利用したが けっこう快適なビジネスホテルだった。

 

www.sanco-inn.co.jp

 

 

チェックアウトして 雨にぬれずすぐに地下街に入ってコインロッカー。 

名古屋駅周辺のグルメ通りはまだ開店してない。

何食べようかなぁぁ。

でも、なんだか昨日の「味噌カツ」がどうも頭に思い浮かんでくる。

(この時点で ほぼ決まりなんだけど。。。。)

 

11時開店なのでどっかで時間まで待つことにする。

となりのヨドバシカメラで時間をつぶし、

だんだんお腹すいてきて・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり ・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

矢場とん」へ向かう。

 

 

昨日の夕食食べたばっかりだけど。

 

 

f:id:hamabase2021:20210417152039j:plain

 

 

11時開店でもう結構並んでる。

でも、10分で入れた。

 

 

「わらじトンカツ200g定食」

 

f:id:hamabase2021:20210417152047j:plain

 

f:id:hamabase2021:20210417152054j:plain

 

 

これはおいしい!!

 

田楽のような甘いみそにやわらかいカツ。

 

結局 はまってしまった名古屋めし№1!

味噌カツ

 

食べる前は 「トンカツはソースで良い!」「カツと味噌は別々だ。違う。」「あえて味噌カツ食べなくても あら珠がある!」

などと言ってたが、一日目にしてもはや やられた(笑)

味噌カツはおいしいのだ。

はまった。(笑)

結局 一番はまった!(笑)

最後にもう一度食べたいという思いは 実現した。

 

おなかいっぱいご飯お替わりもして大満足して新幹線に乗って帰ってきたよ。

 

f:id:hamabase2021:20210417152100j:plain

 

f:id:hamabase2021:20210417152106j:plain

 

 

 

横浜は雨降ってなく、濡れないで帰ってきた。

 

 

 

 

矢場とんは 東銀座に一軒ある。

覚えておく。

https://matcha-jp.com/jp/3774

 

ぜったい またすぐに食べたくなるに決まってる。

行きたい。

 

 

 

 

 

うなぎ、貝、松坂牛丼、伊勢えび、そして、味噌カツ

美味しいものをたくさん食べて お伊勢参りを完遂出来て、トラブルもなく楽しくって

何かに守られているような、ほんとに恵まれた旅でした。

行き帰りはグリーン車

食事はすべて値段を気にせず特上グルメ。 (昨日は朝食で9200円出した!)

ビジネスホテルも快適だった。

 

 

家に着いて しばらくしたら 雨降ってきた。

ゆっくり休むよ。

 

 

ありがとうございました!

 

 

 

2021-4-16 鳥羽~名古屋

今日は何を計画しているのかと言えば、
鳥羽に行って 「伊勢えび様」を召し上がろうとしている。

 

 

f:id:hamabase2021:20210416183845j:plain


さようなら 伊勢の町。
楽しくご参拝させていただいたよ。

 

 

f:id:hamabase2021:20210416183853j:plain

 

また来たよ 鳥羽の町。

 

 

 

「サザエストリート」しかないでしょう。
朝9時過ぎ、あいてるかな。

 

 

f:id:hamabase2021:20210416183941j:plain

 

先日来た 「松本さん」があいてた。
おばちゃん笑顔でこんにちは!
また来たよ!(笑)伊勢えび様を食べさせてください。

 

水槽の中にいる伊勢えび様たちを選ぶ。
小さい方は3000円ぐらい 大きいのは6000円と説明を受ける。
せっかくのこの日、ケチってはいられない。
下の方でこっちを見ている大柄の子、この方お願いします!

 

 

f:id:hamabase2021:20210416183859j:plain

 

はかりで測って 6800円の特上ということで。

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210416183906j:plain


真っ二つに包丁で割った!
女の子だそうだ。
オレンジ色の卵を持っている。
いただきますと心の中で唱える。

 

しかし 焼いてると何とも言えない香ばしい匂いが立ち込める。


出た!

 

f:id:hamabase2021:20210416183911j:plain

  
これが「伊勢えび」。
おばちゃんは やっぱり焼いて塩かけて食べるのが一番ね。という。
お刺身では香ばしさを味わえないのかも。


食べ方を教わって いざ!

f:id:hamabase2021:20210416183918j:plain

 

すごい肉厚。
初の伊勢えびは 感動のえび!
エビ好きの天国のような瞬間だ。
すごくおいしい!!

時間かけてゆっくりほじくって、まだ食べられるところを何度も指導を受け、
最後に「合格」って言われた。
6800円の価値。満足です。

 

 

さて、次は「貝」。
ご飯と青さみそ汁とほんびのす。ホタテのような形の「ひおうぎ貝」はホタテとは違う味。

f:id:hamabase2021:20210416183923j:plain

f:id:hamabase2021:20210416183930j:plain

f:id:hamabase2021:20210416183935j:plain

 ホンピノスとハマグリと大あさりはそれぞれ違う。
サザエとハマグリはサービスでつけてくれた。
大ハマグリも食べて ほんとに腹いっぱい!!
もう入らない。
9200円のお会計。(笑)

人生で一番高価な朝食でした。

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210416183947j:plain

f:id:hamabase2021:20210416183953j:plain


さようなら 鳥羽の町。伊勢の町。

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210416184000j:plain

 

 

 


名古屋に着いた。


地下鉄で、 

 

f:id:hamabase2021:20210416184013j:plain


名古屋城へ向かう。

 

 

f:id:hamabase2021:20210416184018j:plain

 

 

加藤清正が石の上に立って音頭を取っているらしい。

巨人に行った 梶谷に似ている。

そういえば 名古屋は中日ドラゴンズの街だ。

バンテリンドームなる野球場がある。

 

 

 

 

地下鉄の駅で並んでたら近くの若い女の子たちがひそひそと 「なんか貝の匂いしない??」・・・・・「する!」だって。(笑)

 

おれだ!たぶん。

おれに匂いついてるんだ。

さっきまでずっと貝を焼くところにいたからな。

たしかに指も貝の匂いついてるし、おれから貝の匂いがあたりに拡散されているんだ。

えらいこっちゃ!

 

 

あれ! 名古屋城だが なんか違う。

 

 

f:id:hamabase2021:20210416184024j:plain

 

 

しゃちほこが 無い!

 

f:id:hamabase2021:20210416184030j:plain

 

無いのだ。金のしゃちほこが。
なんか笑える。

 

f:id:hamabase2021:20210416184036j:plain

 


場内の係に聞いたら しゃちほこは三越前で「展示」されているらしい。
そういうことがあるのかと 笑ってしまう。
なんかの催しで 市民にしゃちほこに親しんでもらおうという企画らしい。
さらに500円払えば 触れるのだそうだ。

 

おかしなこともあるものだ。

 

 

f:id:hamabase2021:20210416184041j:plain

f:id:hamabase2021:20210416184048j:plain

 

 

かわりに、しゃちほこ展みたいなのも開かれてた。

 

f:id:hamabase2021:20210416184055j:plain

f:id:hamabase2021:20210416184103j:plain

f:id:hamabase2021:20210416184108j:plain

f:id:hamabase2021:20210416184115j:plain

 

 

 


名古屋のエスカ地下街
名古屋めしのストリートだ。

 

f:id:hamabase2021:20210416184007j:plain

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210416184121j:plain

 

 

いろんな美味しい名古屋めしが立ち並ぶグルメストリート。

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210416184127j:plain

 

エビフライ専門の店もある。
名古屋言葉で「えびふりゃぁ」ですね。

行くところは決めてある。

 

 

 

 

矢場とん!!

 

tabelog.com


味噌カツ(笑)

 

f:id:hamabase2021:20210416184134j:plain



ほんとにおいしいぞ!!
このみそ、はまった。

 

f:id:hamabase2021:20210416184140j:plain



もちろん ご飯 キャベツお替わりもOK。

f:id:hamabase2021:20210416184145j:plain

 

すりごま 唐辛子などをかけてもうまい!!!!

 

 

f:id:hamabase2021:20210416184151j:plain

 

 

食べた食べた腹いっぱい。

きしめんも食べようかと思ったが とりあえず部屋に帰ってきた。

 

 

 

今日のホテルは地下街出口のすぐ横に入口がある。
明日、大雨でも 能見台まで 雨にぬれずに帰れる。
すべて計算ずみ。

 

 

f:id:hamabase2021:20210416184157j:plain

f:id:hamabase2021:20210416185147j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

2021-4-15  伊勢神宮参拝 2日目

 

 

6時半に目覚めた。

快晴。

 

 

f:id:hamabase2021:20210415133954j:plain

泊ってるのは 駅の目の前のこのホテル。

 

 

 

 

7時19分発のバスで今日は「内宮(ないくう)」から先に巡ることにする。

 

 

寒いなぁ ベスト着て来ればよかった。

でも ほんとに人は少ない。

早朝参拝は、いい。

 

f:id:hamabase2021:20210415133959j:plain

f:id:hamabase2021:20210415134058j:plain

 

 

 

 

まだ 8時。

 

 

f:id:hamabase2021:20210415134005j:plain

f:id:hamabase2021:20210415134013j:plain

f:id:hamabase2021:20210415134019j:plain

 

すごく空気がきれい。

 

f:id:hamabase2021:20210415134025j:plain

f:id:hamabase2021:20210415134031j:plain

 

 ほとんど人影は見当たらない。

 

 

f:id:hamabase2021:20210415134037j:plain

 

 

 空気が澄んでて ほんとにきれい!

 

 

 

 

 

内宮の天照大御神にお祈りを捧げる。

昨日は

「この地にお参り出来てありがとうございます。」

「この世に生かしていただいてありがとうございます。」

 

今日のお祈りは

「疫病がおさまり この国の人々に平穏な生活がはやく戻りますように。」

「生かしていただいてありがとうございます。」

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210415134044j:plain

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210415134050j:plain

 

 写真じゃわからない。 実際は信じられないほどきれいな光。

 

f:id:hamabase2021:20210415134105j:plain

 

素晴らしい時間だった!!! 

 

お参りさせていただいてありがとうございました。

 

 

 

おはらい町も まだ店も開いてない。

 

f:id:hamabase2021:20210415134112j:plain

 

 商売地域は 俗っぽい。

神域に比べて わざとらしく 安っぽい風景だ。

 

コロナ禍で たぶんたいへんなんだろうけど。

 

 

 

 

バスで伊勢駅前へ行く。

 

ホテルの目の前にバスが止まったので 部屋行ってベスト着こんでくる。

 

 

外宮(げくう)まで歩く。

 

遠く 駅の方に観光バスが見えたので 足を早めて神域に入場する。

修学旅行に巻き込まれたら たいへんだ!

 

速足で正殿まで向かい、

 

 

f:id:hamabase2021:20210415134118j:plain

 

 

今日の外宮は

「衣食住足りてこの世に生かしていただいてありがとうございます。」

「疫病がおさまり この国の人々に平穏な生活が早く戻りますように。」

とお祈り申し上げる。

 

 

 

人生で初の 伊勢神宮参りが 成功した。

 

ひととおりお参りがすみ、9時半を過ぎるころから修学旅行や複数の旅行客が何組もすれ違い始める。

 

どこの高校生の修学旅行か知らないが 制服を着たこどもたちは横一列になって大きな声で会話しながらポケットに手を入れて参道を歩く。

まじめに参拝している人からすれば気分悪い。

子供だからしょうがないのだが、こういう神聖なところをコースに入れるのなら学校の教師どもはきちんと神域での作法を教えたうえで引率するように、と引率の先生に言いに行こうと思ったが いちおう やめておいた。

ここだけは、ツアーや修学旅行で来るような場所ではないと思うのだが。

 

日本は、平成を経て民度の低い国になってしまったものだ。

 

 

 

 

忘れよう。

 

 

せんぐう館に入る。

 

f:id:hamabase2021:20210415134214j:plain

 

 

文字を書き写すの大変なので何枚か撮影してしまった。

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210415134124j:plain

f:id:hamabase2021:20210415134130j:plain

f:id:hamabase2021:20210415134136j:plain

f:id:hamabase2021:20210415134143j:plain

f:id:hamabase2021:20210415134150j:plain

f:id:hamabase2021:20210415134156j:plain

 

式年遷宮時の伊勢の町の様子。

 

 

 

 

2時間半も館内でじっくり見学していた。

建造物やカミサマへの宝物の品々の制作工程を細かく展示してあり その匠の技術

遷宮事業の大規模さに驚くばかり。

工芸をちょっとでもやっていた者にとっては これらの美術工芸品はひっくり返るほどの感動をおぼえる。

特に圧巻だったのは神殿の模型。

外宮正殿の模型コーナーはひっくり返りそうになった。

このような建造物にアマテラスのカミサマはお住まいになられているのか!

 

式年遷宮って すごい!!!!!

せんぐう館 ほんとに楽しめた。

 

www.sengukan.jp

 

 

 

 

せんぐう館からの池の眺め。

キレイだった。

 

 

f:id:hamabase2021:20210415134202j:plain

f:id:hamabase2021:20210415134208j:plain

 

 

 

 

 

 

さて、 

はらがへった。

 

 

昼なので 伊勢うどん食べようと外宮出て左手の遠くに見える店に歩いて行って入ったがこれは失敗。

 

f:id:hamabase2021:20210415134220j:plain

 

うどん自体はそんなに不味いものでもなかったが(うどんなんてどこも同じ。可もなく不可もなく。)店の中は喫茶店改造したような作りで「若者系の音楽」がガンガン流れて 老舗の有名店なんかではない。

若い店員はおしゃべりばかりしてるし隣の席の年配のおばさんは目線がちらちらこっちを意識してて落ち着かないし、居心地悪いので席を変えると何かもの言いたげに店員がこちらを見る。

「月見うどん」頼んだのに普通のかけうどんが来て めんどうだからこれでいいやと食べてすぐ出てきた。

これなら 駅の立ち食いでいくらでも食える。

昼食 失敗!

 

 

夕食は美味しいもの食べたい・・・・・・・・と思ったけど、

昨日は探し回ってわかったが「酒系」は何軒もあるのだが伊勢は行きたいと思うような気の利いたおいしそうな店が ほぼ無い。

 

 

 

明日 名古屋でもう一泊することにしたので

明日、おいしい「名古屋めし」に期待するかな。

 

13時にホテルに帰ってきて パソコンにこれをUP.

 

ちょっと昼寝するかな。

 

 

 

 

 

 

*************************************

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウナギ食べに行った!

 

 

ネットで調べて、

 

バスに乗って ウナギ食べに行って来た。

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210415192121j:plain

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210415192108j:plain

 

 

あった。

ここだ!!

 

 

www.ise-unayoshi.com

 

 

 特上のうな丼というのを注文。

 

 

f:id:hamabase2021:20210415192127j:plain

 

 

 来た!!

 

すげーーーー!

 

 

f:id:hamabase2021:20210415192134j:plain

 

 

f:id:hamabase2021:20210415192139j:plain

 

 

 

これはすごい!

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210415192056j:plain

 

「きも」も これでもかってぐらい入ってる。

こんなにたくさん どうやって取るんだろう。

 

f:id:hamabase2021:20210415192145j:plain

 

キューリの酢の物とウナギのコラボなんて初めて!

(これが絶妙に美味しかったんだけど。)

 

 

ほんとにおいしかった!

大大大満足。

 

f:id:hamabase2021:20210415192102j:plain

 

 

 

 

2800円!

安いね。

 

 

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210415192114j:plain

 

今日最後に 外宮横の豊川稲荷神社をお参りして 帰ってきた。

 

ise-akonesan.com

 

 

 

 

明後日から雨だというので 明日は名古屋を楽しんで もう一泊して

雨の日に移動して能見台に帰ることにする。

 

 

おみやげ というものを気にかけているのだが、なかなかこれという品物が見えない。

お菓子などの食べ物は たいしたことがなさそうで 鎌倉の「くるみっこ」を越えるものはこの土地にはなさそうだ。

伊勢名産の「赤福」はたしかに甘くておいしいが しょせん 「あんこ餅」だ。

賞味期限が3日だけだし、「くるみっこ」の方が長く持ち おいしい。

置き物やキーホルダー等といった観光土産というのは おれ自身 貰ってうれしいものではないし 行きもせず思い出もない土地の置き物なんて もらっても迷惑なしろものだ。

お守りはどうかと思ったが、カミサマはモノではなく 行いの正しい者の周りには遍く場所についておいでだと思うと、それもお土産として買って帰るのもなんだろうと思った。

 

 

 

 

 



 

 

2021-4-14  伊勢神宮 参拝

ついにこの日が来た。

快晴。

7時に目覚め コーヒー飲んで トイレ済ませて支度して、8時に外に出る。

天気がすごくいい。

 

 

 

外宮参道を歩いていると古い家も目立つ。

f:id:hamabase2021:20210414143700j:plain

 

 

 

外宮入口。

 

f:id:hamabase2021:20210414143706j:plain

 

f:id:hamabase2021:20210414143717j:plain

 

f:id:hamabase2021:20210414143812j:plain

 

 

いよいよ 中に入る。

 

f:id:hamabase2021:20210414143832j:plain

 

f:id:hamabase2021:20210414143837j:plain

 

 

f:id:hamabase2021:20210414143843j:plain

 

どんどん中に入ってゆく。

空気が変わる。

 

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210414143849j:plain

f:id:hamabase2021:20210414143855j:plain

豊受⼤神宮(外宮)

 

 

おそるおそる、中に入り 謹んでご挨拶申し上げる。

緊張してしまったよ。

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210414143902j:plain

f:id:hamabase2021:20210414143907j:plain

f:id:hamabase2021:20210414143913j:plain

f:id:hamabase2021:20210414143920j:plain

 

 

 

 

 

 

バスで内宮へ向かう。

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210414143927j:plain

内宮への入り口。

ここに来ることができた実感!

 

f:id:hamabase2021:20210414143932j:plain

f:id:hamabase2021:20210414143938j:plain

 

五十鈴川がきれいだ!

 

f:id:hamabase2021:20210414143945j:plain

f:id:hamabase2021:20210414143952j:plain

f:id:hamabase2021:20210414143958j:plain

 

カップルや夫婦で来てもいいんじゃんか!!

 

天照大神は女性のカミサマで、やきもちをやいて夫婦やカップルでお参りに来たら

へたしたら「別れる」などとなにかの情報で読んだことがある。だが、これほど位の高いカミサマが人間の男女にやきもちを妬くようなレベルの低いことをするはずはないと思う。

そういうデマを文字にしている人こそ バチあたるのではないのか?)

 

などと考えながら まぁ、五十鈴川を眺める。

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144005j:plain

 

五十鈴川で手を清め。

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144013j:plain

 

まだ人影少ない 午前の参道を進む。

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144020j:plain

 

ぜんぜん空気が変わった。

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144025j:plain

f:id:hamabase2021:20210414144031j:plain

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144038j:plain

 

 

 

近いぞ!!

 

 

 

 

 

 

ついに来た。

伊勢神宮 内宮。

皇大神宮(内宮)

天照大御神

 

 

石段を登ってお参りする。

 

f:id:hamabase2021:20210414144044j:plain

ここで不思議なことが起こる。

 

階段上にいる人が少しはけてからあがってゆこうと ふと下から見上げてしばらく足を止めていると、その時間に合わせるかのようにケータイ電話がピリピリ鳴った。

泊ってるホテルからの居室清掃時間の確認のちょっとした要件の電話だったけど、もし上に上がっていたらちょうど手を合わせている瞬間にケータイが鳴っただろう。

周囲にも迷惑だったに違いない。

一瞬 足を止めて待機していたその時に、電話がかかってきてなんという良いタイミングだったんだろう。

カミサマが「電話がかかってくる。ちょいと待つのだ」って言ってたようだ。

神がかりに思えてしまう。

 

通話が終わってから ゆっくりと階段を上がってゆき お参りできた。

 

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144050j:plain

 

そして、お参りを終えて出口の階段から降りてゆくと あとからガヤガヤと修学旅行や団体の波が押し寄せている。

おれのすぐ後に観光客の津波が押し寄せることになる。

あぶなく ぶつかる寸前であった。

これに巻き込まれずになんというタイミングで参拝できたことか!

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144057j:plain

 

そして 一人静かに ほかの別宮や末社をお参りする。

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144106j:plain

f:id:hamabase2021:20210414144112j:plain

f:id:hamabase2021:20210414144118j:plain

 

 

 

 参集殿を通りかかると獅子舞が始まった。

 見てゆこう。

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144126j:plain

 

 

 

昭和の余興のような一発芸も笑えた。

 

f:id:hamabase2021:20210414144131j:plain

f:id:hamabase2021:20210414144137j:plain

いや!

昭和の余興なんてものじゃない。

すごい芸だ。

これは並々ならぬ修行と努力だったことだろう。

カミサマに捧げる芸だから すごい見ごたえあった。

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144144j:plain

 伊勢神宮の職員さんなのだろうか 神職の「芸能部」なのか?

みなすごい練習を積んだ人たちだろう。

カミサマに捧げるお神楽を鑑賞できたのも すごいタイミングだった。

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144152j:plain

f:id:hamabase2021:20210414144157j:plain

 

 

時間も時間だし 竹下通りより混雑し始めた

おかげ横丁

修学旅行や団体客がひしめいている。

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144204j:plain

 

 

12時なのではらへった。

 

1人なのですぐに入れた

f:id:hamabase2021:20210414144211j:plain

 

名物の「手捏ね寿司」と「伊勢うどん」の盛り合わせ定食。

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144216j:plain

f:id:hamabase2021:20210414144222j:plain

 

すごくおいしかった!

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144228j:plain

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144235j:plain

 

歩いて猿田彦神社へ向かう。

お導きのカミサマ。

5月から新しい職場で頑張ってやっていきます お導き御見守りくださいとご挨拶する。

 

f:id:hamabase2021:20210414144241j:plain

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144247j:plain

 

 

そういうことだ!

 

f:id:hamabase2021:20210414144253j:plain

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144258j:plain

 

www.sarutahikojinja.or.jp

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144304j:plain

 

芸妓のカミサマとも言われる天宇受売命(さるめ様)には 新しい職場ではハモニカ吹いて利用者さんに喜ばれるようにお導き御見守りお願いします。とご挨拶してきた。

 

 

www.sarutahikojinja.or.jp

 

 

 

歩いて歩いて 次は月読宮へおまいり。

 

f:id:hamabase2021:20210414144311j:plain

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144318j:plain

 

鳥の鳴き声がすごくこだまする幻想的な参道。

 

f:id:hamabase2021:20210414144324j:plain

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144332j:plain

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144338j:plain

 

 

 

 

しかし よく歩いた。

脚が疲れ果てた。

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144345j:plain

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210414144352j:plain

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210414183620j:plain

豊受大神宮別宮 月夜見宮

f:id:hamabase2021:20210414183746j:plain

f:id:hamabase2021:20210414183750j:plain

 

f:id:hamabase2021:20210414183754j:plain

 

今日はいったい何件の鳥居をくぐっただろうか。

 

f:id:hamabase2021:20210414183807j:plain

 

老木が祀られている。

木の根元にはお稲荷さんが2体鎮座されておりこれはなんだ!

気になったのでその由緒を社務所の若い神職さんにお尋ねしたが 「よくわからない」とのことだった。(笑)

 

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210414183815j:plain

 

伊勢の古い町並み






 

 

2021-4-13  鳥羽

 


よく寝た!

 

伊勢、二見の町にはいたるところに「エビ」の絵がある。

宿の壁にはこのような画が。

いっちは参ってしまうだろうな。

 

f:id:hamabase2021:20210413163314j:plain

 

 

f:id:hamabase2021:20210413163319j:plain

この宿に泊まった。

 

 

雨なので今日は鳥羽へ行く。

 

 

f:id:hamabase2021:20210413163326j:plain

二見浦駅からの眺め

f:id:hamabase2021:20210413163332j:plain

一人旅って こんな感じなんだよなぁーー

 

f:id:hamabase2021:20210413163338j:plain

雨の鳥羽駅に着いた。

 

f:id:hamabase2021:20210413163347j:plain

まずは観光案内所で情報を得る。

f:id:hamabase2021:20210413163355j:plain

「サザエ通り」に行く。

 

鳥羽は「貝」の町。

貝好きには天国だ。

この通りには10軒ばかりの焼き貝の店が立ち並んでる。

水沼さんって店に入る

 

f:id:hamabase2021:20210413163408j:plain

安い!!!いろんな「貝」だ。

 

f:id:hamabase2021:20210413163401j:plain

 

 

f:id:hamabase2021:20210413163414j:plain

おばちゃんがその場で焼いてくれる。

 

 

f:id:hamabase2021:20210413163420j:plain

大あさり貝だ。すげーでかい!

 

f:id:hamabase2021:20210413163426j:plain

また来た!

これは「にし貝」っていうやつ。美味しかった。

 

 

次に2軒隣の松本さん

f:id:hamabase2021:20210413163432j:plain

f:id:hamabase2021:20210413163438j:plain

ホンピノス!でかい!!

貝がたくさん食べられる。

すごくおいしくてどんどん注文する。

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210413163444j:plain

 

 

ウニの炊き込みご飯と青さみそ汁つけて 2500円ぐらいだ。

安い!

たらふく食った。(笑)

おばちゃんといろんな話した。

鳥羽水族館のラッコは最近友達が一頭入ってきてご機嫌だって。

伊勢の「伊勢うどん」ってのは 昔の旅の参拝客のためにすぐ出せる食事として出来上がった品物らしい。

旅人はすぐに出発するのですぐに食べれるように汁を少なめにしてあるという話。

おもしろい話いろいろと聞いた。

 

 

f:id:hamabase2021:20210413163450j:plain

鳥羽水族館が見えてきた。

f:id:hamabase2021:20210413163455j:plain

f:id:hamabase2021:20210413163501j:plain

f:id:hamabase2021:20210413163508j:plain

コブシメという なんだかわからない生物。ずっと見ていたが ほとんど移動しない。

f:id:hamabase2021:20210413163513j:plain

こいつがかわいい。

コンゴウフグ」の赤ちゃん。

 

f:id:hamabase2021:20210413163522j:plain

 

 

f:id:hamabase2021:20210413163530j:plain

ザリガニコーナーもある。

 

f:id:hamabase2021:20210413163535j:plain

青いザリガニ。

 

 

f:id:hamabase2021:20210413163541j:plain

f:id:hamabase2021:20210413163547j:plain

f:id:hamabase2021:20210413163552j:plain

貝が何百と並ぶ

f:id:hamabase2021:20210413163557j:plain

なんだかやる気のない感じのさかなクン

 

f:id:hamabase2021:20210413163603j:plain

 おなじみ ウツボ

 

f:id:hamabase2021:20210413163608j:plain

 

f:id:hamabase2021:20210418094333j:plain

アクバー提督

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210413163616j:plain

スナメリ きれいに泳いでる。皮膚を触った感じはホットケーキのようなもんだと書いてある。

f:id:hamabase2021:20210413163622j:plain

ウツボがいたるところにおられる。

 

 

f:id:hamabase2021:20210413163627j:plain

 

 

f:id:hamabase2021:20210413163633j:plain

よく見ると伊勢えびがたくさん!

 

 

f:id:hamabase2021:20210413163639j:plain

f:id:hamabase2021:20210413163646j:plain

f:id:hamabase2021:20210413163655j:plain

f:id:hamabase2021:20210413163700j:plain

ジュゴンって初めて見た。


目がかわいい!

 

f:id:hamabase2021:20210413163707j:plain

ラッコかわいい。

f:id:hamabase2021:20210413163718j:plain

ずっと一匹でいたが 最近和歌山から一匹の友達が来たらしい。

うれしくって二匹でじゃれあっている。

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210413163712j:plain

 パンダイルカ、こいつらも仲良しで一緒に泳いでる。

 

 

 

 

伊勢の 三交inn伊勢市駅前 に入室する。

  

f:id:hamabase2021:20210413204742j:plain

自分の部屋にしつらえる。

 

駅から外宮に至る道。

遠くに見える森がカミサマのおられる所か。

 

f:id:hamabase2021:20210413190143j:plain

 

 寿司屋を探してずっと歩いていたら

ついに伊勢神宮 外宮入口に来てしまった。

 

 

f:id:hamabase2021:20210413190145j:plain

 

 この奥に 食べ物のカミサマが鎮座されている。

豊受の大神さま。

 

 

だが、参拝は 明日にする。

まず 腹へったのだ。

 

近くに牛丼屋があるはず。

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210413190147j:plain

 

あったあった。

有名らしい。

入ってみることにする。

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210413190622j:plain



牛丼 大盛!
高級伊勢牛。

吉野家とは まったく次元が違うのだ。

 

 

この牛丼は気に入ったのだ。滞在中 また来るだろう。

 

 

 

 


 

2021‐4‐12 名古屋から伊勢へ

f:id:hamabase2021:20210412175901j:plain

名古屋テレビ塔

 

 

f:id:hamabase2021:20210412175950j:plain

まだ午前中 天気いいしこれにのぼるのだ。

 

 

f:id:hamabase2021:20210412180308j:plain

f:id:hamabase2021:20210412180009j:plain

f:id:hamabase2021:20210412180003j:plain

 

f:id:hamabase2021:20210412180015j:plain

空いてる。

 

 

f:id:hamabase2021:20210412180026j:plain

大須という 名古屋で一番大きい商店街

f:id:hamabase2021:20210412180043j:plain

f:id:hamabase2021:20210412180031j:plain

f:id:hamabase2021:20210412180055j:plain

大須観音

 

f:id:hamabase2021:20210412180049j:plain

f:id:hamabase2021:20210412180037j:plain

f:id:hamabase2021:20210412180101j:plain

 

大須観音様が祀られている立派な寺院がある。

 


矢場とん とんかつの店に入り ランチを喰らう。
味噌カツ おいしい!!
もっと大きいの食べたいな。
味噌とトンカツ 合うな。
美味しいぞ!
 

 

f:id:hamabase2021:20210412180106j:plain

味噌かつを食べてみた。おいしいぞ!もっとたべたい。

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210412180020j:plain

 

 

f:id:hamabase2021:20210412180113j:plain

伊勢に行く特急だ。

 

f:id:hamabase2021:20210412180118j:plain

f:id:hamabase2021:20210412180131j:plain

f:id:hamabase2021:20210412180124j:plain

これぞ 特急!!

 

大須の町から地下鉄を乗り継いで名古屋へ戻り 近鉄特急券を買って特急に乗って伊勢へ向かう。

伊勢に着く直前 トイレに行って席に戻り 荷物をまとめていると切符が無いのに気づく。
特急券が付いた高価な切符だ。
胸ポケットに入れたはずが 見当たらない。
トイレに行って探してみたし 廊下や座席の下や荷物の中やすべてのポケットにまったく見当たらない。
どこに失くしたのか。
電車はもうすぐ到着するのであきらめた。
駅員に言って 駅を出してもらう。
金額を覚えていたので了解してくれた。
しかし、どこに失くしてしまったんだろう。

 

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210412180143j:plain

伊勢市に着いた!

f:id:hamabase2021:20210412180137j:plain

  

 

 ともあれ、伊勢に着いた。

 


そこからJRで二見浦にいき、ホテルの送迎でホテル清海に到着
快適な海の目の前のホテルだ。

 

 

f:id:hamabase2021:20210412180156j:plain

ホテル清海 

 

f:id:hamabase2021:20210412180149j:plain

f:id:hamabase2021:20210412180207j:plain

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210412180201j:plain

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210412180226j:plain

f:id:hamabase2021:20210412180301j:plain

夫婦岩。ついに来た。

f:id:hamabase2021:20210412180252j:plain

二見おきたま神社 伊勢参りはここから始まる。

f:id:hamabase2021:20210412180246j:plain

f:id:hamabase2021:20210412180240j:plain

f:id:hamabase2021:20210412180233j:plain

f:id:hamabase2021:20210412180213j:plain

f:id:hamabase2021:20210412180220j:plain

 

皇室がお泊りになられたお宿。

 

 

 

 

 

二見浦と二見おきたま神社を参拝して帰ってきて、温泉に入った。

お客もスゲー少ないので17時に4階の温泉に行ったらほぼ貸し切り状態。
ほんとに久々の温泉だ。
源泉の元湯で硫黄と食塩湯で 久しぶりに足を伸ばしてはいる温泉に感激した。

昔からお伊勢参りの際は 二見おきたま神社にお参りして そこの海水で禊ぎをしてから伊勢に向かう習わしだとか。
そんで おれはまさにそのようにして二見の温泉に身体を浸して禊ぎを行えたわけだ。

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210412193645j:plain

夕食御膳。

 

 

f:id:hamabase2021:20210412193649j:plain

伊勢えびは ごく少量。

 

 
今日の夕食は伊勢えびを少し付けた。
ほんの少しでもバカ高い。
全部で7500円もした。
写真には写ってないけど ほかに柳川鍋と天ぷらが付く。
ご飯はもちろんお替わり。
伊勢えびはほんの少しだったから ようわからない。
寿司の甘えびをちょっと大きくしたようなもんだと思った。
明日 鳥羽に行くからもっと大きい本格的なのを食べてみようかな。
今日の伊勢えびは 「あわび」と同じような感想だった。
でも、ホテルの豪華な夕食膳に満足だよ。美味しかった!
おなかいっぱい。

 

明日は雨だというからまだ伊勢参りはしない。
鳥羽水族館や鳥羽の海の幸を楽しんで 明日は伊勢駅前のホテルに泊まり 明後日伊勢参りできるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021-4-11 伊勢への旅 名古屋着。

f:id:hamabase2021:20210411190823j:plain

名古屋に着いた。大きいビルが何個か立ってる。

f:id:hamabase2021:20210411190840j:plain

まず 熱田神宮へ。荷物が重い。

f:id:hamabase2021:20210411191005j:plain

大きな神宮。

f:id:hamabase2021:20210411191001j:plain

日曜だから参拝の人おおぜい。

f:id:hamabase2021:20210411191004j:plain

静かなところを巡る。足疲れてきた。

f:id:hamabase2021:20210411191003j:plain

いろいろなカミサマがいろんな場所に鎮座されている。

f:id:hamabase2021:20210411191007j:plain

三交inn ホテルの部屋 快適にセッティング。

f:id:hamabase2021:20210411191027j:plain

「特上ひつまぶし」を注文

f:id:hamabase2021:20210411191024j:plain

美味しい!! うなぎ美味しい! 4800円!!

 

 

新幹線 乗ったら85分で名古屋に着いた。

グリーン車は贅沢だ。乗ってすぐに女が紙おしぼりを配りに来る。

富士山のてっぺんだけちょっと見えたけど 浜名湖がきれいだった。

あっという間に東海道を下った。

名古屋駅は日曜だから人出も多い。

私鉄に乗って神宮前駅まで10分ほど。

熱田神宮は参拝者はみなきちんと鳥居で出入りの際に頭を下げていた。

浅草のような無礼な人は見なかった。

名古屋の人はきちんと熱田神宮をお参りしてるね。

穏やかな神社の境内 人は多かったけどのんびり歩き回って疲れた。

 

名古屋駅に戻って ホテル三交innにチェックイン。

気楽なビジネスホテルだ。

部屋ですぐにパソコンと音響装置をセットして快適な自分の部屋にしつらえて、外に外食へ。

 

「大名古屋ビルジング」の3階にあるひつまぶしの店 備長ひつまぶしへ。

駅からすぐで、落ち着いて感じのいい店。

 

f:id:hamabase2021:20210411220253j:plain

大名古屋ビルヂング

 

www.hitsumabushi.co.jp

パリッとした焼き方のうなぎ美味しかった。

地焼きって言うらしい。

蒸した関東のうな重よりこっちの方が好きかも。

4800円の特上ひつまぶしを注文。

指示通り3種類の食べ方試したよ。

お茶漬けにしても美味しかった。

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210411220258j:plain

夜はホテルの部屋で静かな音楽かけてのんびり過ごしてる。

名古屋高島屋の中に「 POMPADOUR.」があった!

モンブランを買ってきた。