2021-4-16 鳥羽~名古屋

今日は何を計画しているのかと言えば、
鳥羽に行って 「伊勢えび様」を召し上がろうとしている。

 

 

f:id:hamabase2021:20210416183845j:plain


さようなら 伊勢の町。
楽しくご参拝させていただいたよ。

 

 

f:id:hamabase2021:20210416183853j:plain

 

また来たよ 鳥羽の町。

 

 

 

「サザエストリート」しかないでしょう。
朝9時過ぎ、あいてるかな。

 

 

f:id:hamabase2021:20210416183941j:plain

 

先日来た 「松本さん」があいてた。
おばちゃん笑顔でこんにちは!
また来たよ!(笑)伊勢えび様を食べさせてください。

 

水槽の中にいる伊勢えび様たちを選ぶ。
小さい方は3000円ぐらい 大きいのは6000円と説明を受ける。
せっかくのこの日、ケチってはいられない。
下の方でこっちを見ている大柄の子、この方お願いします!

 

 

f:id:hamabase2021:20210416183859j:plain

 

はかりで測って 6800円の特上ということで。

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210416183906j:plain


真っ二つに包丁で割った!
女の子だそうだ。
オレンジ色の卵を持っている。
いただきますと心の中で唱える。

 

しかし 焼いてると何とも言えない香ばしい匂いが立ち込める。


出た!

 

f:id:hamabase2021:20210416183911j:plain

  
これが「伊勢えび」。
おばちゃんは やっぱり焼いて塩かけて食べるのが一番ね。という。
お刺身では香ばしさを味わえないのかも。


食べ方を教わって いざ!

f:id:hamabase2021:20210416183918j:plain

 

すごい肉厚。
初の伊勢えびは 感動のえび!
エビ好きの天国のような瞬間だ。
すごくおいしい!!

時間かけてゆっくりほじくって、まだ食べられるところを何度も指導を受け、
最後に「合格」って言われた。
6800円の価値。満足です。

 

 

さて、次は「貝」。
ご飯と青さみそ汁とほんびのす。ホタテのような形の「ひおうぎ貝」はホタテとは違う味。

f:id:hamabase2021:20210416183923j:plain

f:id:hamabase2021:20210416183930j:plain

f:id:hamabase2021:20210416183935j:plain

 ホンピノスとハマグリと大あさりはそれぞれ違う。
サザエとハマグリはサービスでつけてくれた。
大ハマグリも食べて ほんとに腹いっぱい!!
もう入らない。
9200円のお会計。(笑)

人生で一番高価な朝食でした。

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210416183947j:plain

f:id:hamabase2021:20210416183953j:plain


さようなら 鳥羽の町。伊勢の町。

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210416184000j:plain

 

 

 


名古屋に着いた。


地下鉄で、 

 

f:id:hamabase2021:20210416184013j:plain


名古屋城へ向かう。

 

 

f:id:hamabase2021:20210416184018j:plain

 

 

加藤清正が石の上に立って音頭を取っているらしい。

巨人に行った 梶谷に似ている。

そういえば 名古屋は中日ドラゴンズの街だ。

バンテリンドームなる野球場がある。

 

 

 

 

地下鉄の駅で並んでたら近くの若い女の子たちがひそひそと 「なんか貝の匂いしない??」・・・・・「する!」だって。(笑)

 

おれだ!たぶん。

おれに匂いついてるんだ。

さっきまでずっと貝を焼くところにいたからな。

たしかに指も貝の匂いついてるし、おれから貝の匂いがあたりに拡散されているんだ。

えらいこっちゃ!

 

 

あれ! 名古屋城だが なんか違う。

 

 

f:id:hamabase2021:20210416184024j:plain

 

 

しゃちほこが 無い!

 

f:id:hamabase2021:20210416184030j:plain

 

無いのだ。金のしゃちほこが。
なんか笑える。

 

f:id:hamabase2021:20210416184036j:plain

 


場内の係に聞いたら しゃちほこは三越前で「展示」されているらしい。
そういうことがあるのかと 笑ってしまう。
なんかの催しで 市民にしゃちほこに親しんでもらおうという企画らしい。
さらに500円払えば 触れるのだそうだ。

 

おかしなこともあるものだ。

 

 

f:id:hamabase2021:20210416184041j:plain

f:id:hamabase2021:20210416184048j:plain

 

 

かわりに、しゃちほこ展みたいなのも開かれてた。

 

f:id:hamabase2021:20210416184055j:plain

f:id:hamabase2021:20210416184103j:plain

f:id:hamabase2021:20210416184108j:plain

f:id:hamabase2021:20210416184115j:plain

 

 

 


名古屋のエスカ地下街
名古屋めしのストリートだ。

 

f:id:hamabase2021:20210416184007j:plain

 

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210416184121j:plain

 

 

いろんな美味しい名古屋めしが立ち並ぶグルメストリート。

 

 

 

f:id:hamabase2021:20210416184127j:plain

 

エビフライ専門の店もある。
名古屋言葉で「えびふりゃぁ」ですね。

行くところは決めてある。

 

 

 

 

矢場とん!!

 

tabelog.com


味噌カツ(笑)

 

f:id:hamabase2021:20210416184134j:plain



ほんとにおいしいぞ!!
このみそ、はまった。

 

f:id:hamabase2021:20210416184140j:plain



もちろん ご飯 キャベツお替わりもOK。

f:id:hamabase2021:20210416184145j:plain

 

すりごま 唐辛子などをかけてもうまい!!!!

 

 

f:id:hamabase2021:20210416184151j:plain

 

 

食べた食べた腹いっぱい。

きしめんも食べようかと思ったが とりあえず部屋に帰ってきた。

 

 

 

今日のホテルは地下街出口のすぐ横に入口がある。
明日、大雨でも 能見台まで 雨にぬれずに帰れる。
すべて計算ずみ。

 

 

f:id:hamabase2021:20210416184157j:plain

f:id:hamabase2021:20210416185147j:plain